スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都一泊旅行2 三十三間堂~六道の辻

10月の京都旅行は続きます。

東寺の次は、京都駅をはさんでほぼ対角にある 三十三間堂

宗派 天台宗
本尊 千手観音
創建年 長寛2年(1165年)
開基 後白河上皇
正式名 妙法院の一部。建物の正式名称は蓮華王院本堂



三十三間堂1       三十三間堂3

こちらの千体千手観音立像は有名だし、仏像の写真が載った本や雑誌に出ていないことはほぼない と言えるくらいだけど、実際に目の前にすると圧倒されるものがあります。
千体というけれど、本尊の背後にも1体あって、合計1001体です。もっとも、修復中のお像も何体かあって、私が行ったときは千にやや足りないくらいでした。

パッと見 全部同じように見えたけれど、よく見るとそれぞれお顔が違っています。
自分に似た顔を探そうと思っていたはずが、ひたすらに見入ってしまって忘れちゃいました。

こちらは千体千手観音立像のほかに、通し矢でも有名です。
江戸時代には各藩の弓術家により本堂西軒下(長さ約121m)で矢を射る「通し矢」の舞台となった。 (wikipediaより)
ということで、今も矢の跡が残っています。

その伝統に因み、現在は1月中旬に【大的大会 おおまとたいかい】の名で、本堂西側の射程60mの特設射場で矢を射る「三十三間堂大的全国大会」が行われ、全国から二千人が参加するそうです。



さてさて、お次は松原通へ進みます。

六道の辻
六道の辻の石碑。

《六道》は地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上の六つの世界、その辻ということは、この世とあの世の境目で、あの世のどこへ行くかの分かれ道、ということでしょうか。
妖しい匂いがしてうれしくなっちゃいます。

この石碑が立っているのは  小野篁 旧跡   六道珍皇寺1
安部清明と並んで、妖しいお噂がたっぷりの小野篁 所縁のお寺、六道珍皇寺の前。(写真はすべてクリックで拡大します)

宗派 臨済宗建仁寺派
本尊 薬師如来
創建年 伝・承和年間(834年~848年)
開基 伝・山代淡海
中興年 室町時代

六道珍皇寺2

     六道珍皇寺4
しばらく前に清明のブームがありましたが、次には小野篁のブームが来るんじゃないか?なんて思ったりします。
なんせ、『閻魔王宮の臣』ですよ!

小野篁は、小野妹子の子孫で、小野小町のおじいちゃん。

昼は宮廷に仕え、夜になると閻魔大王の元に出仕して、 この世とあの世の二重契約をやっていたと言われている人物です。


彼がこの世とあの世の行き来に使った言われる井戸は、近くに寄れないけど、離れて覗くことができます。
六道珍皇寺5

よくわかんない。

ちょっとだけ、ア~ップ
            六道珍皇寺6

やっぱり よくわからなかったけど、余計にミステリアス。。。と言えるかも知れません。


↓ちょっと、こんなの参加してます。
  もし よろしかったらポチっとクリックして下さるとうれしいです。
     
愛車2←にほんブログ村 


  
<
スポンサーサイト

テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

京都 一泊旅行 1  東寺

10月に行った京都旅行のお話です。

京都駅を出て、地図を見ながら行くと、交番が目につきました。
さすがは京都。交番にも風情があります。
              交番

初めに寄ったのは、京都駅から程近いこちら
東寺1

東寺です。    東寺2  東寺 庭

山号 八幡山
宗旨 東寺真言宗
寺格 総本山
本尊 薬師如来(重要文化財)
創建年 延暦15年(796年)

寺 というくらいで、かつては、これと対になる西寺もあったようですね。

  東寺 五重塔    東寺4
ここは、昭和9年(1934年)に国史跡に指定、平成6年(1994年)12月には「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている上に、京都駅からもワリと近いのに、修学旅行のコースから外れているためか、秋の京都にしては観光客は少なめ。
お勧めの穴場といえるかもしれない。

こちらで有名なのは 講堂にある『立体曼陀羅』

それまでは絵に描かれるだけだった曼荼羅を(今 流行の3D にしちゃったという 画期的なものです。

空海(弘法大師)の指導のもとに作られたとのことで、五仏(五智如来)と五菩薩・五明王・四天王に帝釈天と梵天を加えたもの。
空海没後4年を経た承和六年(839)6月15日に完成、開眼されたそうです。

迫力があって、いくら見ていても見飽きない。



拝観券は宝物殿と観智院をセットにした方がお得というので、セット券で入場しましたが、
その時は『観智院』って何だかわかってない情けない観光客だった私。

せっかくだからと、何の期待もなく北大門を出て観智院に向かいます。
観知院

なぜか、鬼瓦が地面に 観知院 鬼瓦1 観知院 鬼瓦2

ボランティアの方でしょうか?解説してくださって、とっても面白かった。

ここは、東寺のみならず真言宗全体の勧学院(大学の研究室みたいなもの?)で、かつては膨大な経典や文書が保管されていたらしい。
客殿は江戸初期の慶長10年(1605)に北の政所 ねねによって寄進されたそうです。
つまり、豊臣家が滅亡した後ですね。
この場所は、政治的に中立な立場であり格式も高かったことから、政治的な密談もあったようで、鴬貼りの廊下や、わざと隙間を開けて下が見える縁側になっていたり、武者が隠れられる部屋との間は壁かふすまかわからないような造りだったり、天井裏に入れないように紙貼りの天井だったり、と、様々な工夫が施されています。

宮本武蔵もここに匿われていた時期があり、襖には武蔵の筆によると言われる絵が描かれていました。
残念ながらかなり日に焼けたりして薄くなっていたけれど、気迫が感じられるものでした。



↓ちょっと、こんなの参加してます。
  もし よろしかったらポチっとクリックして下さるとうれしいです。
     
愛車2←にほんブログ村 


  
<

テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

神社巡りの次は?

長らく引っ張った8月の旅行の話は終わっても、なかなか今に追いつきません。

今度は約3週間前のお話です。

10月23~24日の週末は一泊でおでかけして来ました。

東海道新幹線に乗り込み、

P1080245.jpg

季節限定の駅弁でテンションが上がります。
              弁当2
お弁当の中身は

   4種のきのこの五目炊き込みご飯、松茸スライス、焼き栗、
   いくら醤油漬け、いちょう型さつま芋、銀杏、きのこ菊花和え、
   秋鮭の斎京焼、むかご入りさつま揚げ、玉子焼き~落花生入り~ など

ガツンと来るものはないけど、ほのかに香るマツタケとともに おいしくいただきました。

そして、着いた所は







京都駅

京都駅 です。今回は、ミニウォーカーが一緒で~す。

出雲では 神社巡りだったけど、京都と言えばお寺巡り、、、かな?


↓ちょっと、こんなの参加してます。
  もし よろしかったらポチっとクリックして下さるとうれしいです。
     
愛車2←にほんブログ村 


  
<

テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

出世の石段

昨日の続きです。

港区虎ノ門にある西久保八幡神社の次は、近くにある石段を登ってみることにしました。
出世の石段

上から見ると 出世の石段 上から
ほとんど断崖絶壁です。私、手すりがなければ下りられなかったかも知れない。

愛宕山の有名な「出世の石段」です。

講談でお馴染、だそうですが、私、そっち方面はあまり知らないんで、調べてみたら、
「寛永三馬術」の曲垣平九郎(まがき・へいくろう)の故事にちなんで名付けられたんですって。

三代将軍、家光が、愛宕山の上に咲いている梅の花を見て「誰か、馬で上って取って来い」とわがままな命令。
上りはいいけど下りは、歩きでも私は手すりにつかまってやっと。
家光の家臣たちも皆ためらっている中、曲垣平九郎が馬で上って梅を一枝取ってきた。
平九郎は家光に「日本一の馬術の名人」と讃えられ、その名は全国に轟いた。

というお話。

物好きはいるもので、明治、大正、昭和にも各1人の計3人、馬で上り下りすることに挑戦して成功したそうです。

上ったところは愛宕神社
愛宕神社

1603年(慶長8年)、徳川家康の命により創建、ご祭神は 火産霊命(ほむすびのみこと)

火産霊命 って、別名 火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ;加具土命)
火の神様なので、生まれるときに母イザナミは火傷を負って死んでしまい、
怒ったイザナギに殺されたという、いわくつきの神様。

こちらのご利益は「防火、防災」(ウゥーン???)

招き石
 この石を撫でると、福が身につくといわれる石。
ちゃんと撫でて来ました。
  福は?
どうでしょう。

↓ちょっと、こんなの参加してます。
  あなたもクリックして福を身につけてください。
     
招き石2←にほんブログ村 

テーマ : 神社めぐり
ジャンル : 旅行

江戸八所

先週の土曜日のお話。

またもや新宿から出発です。

東京ミッドタウン
私には不似合いなおしゃれな場所、東京ミッドタウンの前を通り過ぎ

東京タワー
スカイツリーに高さで抜かれた東京タワーを正面に見て進み

着いた所は 八幡神社

アレッ? 「八幡神社」としか書いてない。

江戸八所八幡のひとつ、 西久保八幡神社です。

先日行った大宮八幡宮で、江戸八所八幡というのを知り、見てみると私が訪れたのは大宮八幡で五か所目ということを知りました。
で、じゃ、残りも行こうか、と思い立った次第。

江戸八所八幡とは
 大宮八幡宮・杉並区大宮、
 穴八幡宮・新宿区西早稲田、
 市谷亀岡八幡宮・新宿区市谷八幡町、
 鳩森八幡宮・渋谷区千駄ケ谷、
 金王八幡宮・渋谷区渋谷、
 御田八幡神社・港区三田、
 西久保八幡神社・港区虎ノ門、
 富岡八幡宮・江東区富岡


どうしてこの八つが選ばれたのかはわかりません。

寛弘年間(1004 年~1012 年)源頼信によって創建され、太田道灌が現在の地に遷したと伝えられている。
江戸八所八幡の一つに数えられ、八八幡詣(ややはたもうで)として多くの参詣を受け、周辺は門前町として賑わった。
んですって。

だけど、ビックリなのは
明治維新の神仏分離までは、八幡山普門院と称し、東叡山の末であった
ええ~ お寺だったんですか。

鳥居をくぐって石段を上がると
西久保八幡狛犬 狛犬。

こっちは社殿前の狛犬    社殿前狛犬

西久保八幡社殿
社殿の後ろに、かすかに写ってしまったのは、お隣にある某新興宗教の異様なほどに立派な建物のごく一部。

社殿前の水桶を見ると、、、
水桶
ナンジャコリャ~

白い花

白くて愛らしい花たちでした。

↓ちょっと、こんなの参加してます。
  クリックしてくれたらうれしいです。
     
愛車2←にほんブログ村 

テーマ : 神社めぐり
ジャンル : 旅行

ご訪問の記念に

プロフィール

Fukuにゃん

Author:Fukuにゃん
8インチの折り畳み自転車
 ミニウォーカー
    であちこちお散歩。
神社・仏閣、猫が好き。

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。