FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日出処の天子

昨日の続き

三宿神社を過ぎて、目黒川緑道から少し外れた所に次の目的地が。

と、その門前にはこんな庚申塚(写真はすべてクリックで拡大します)
庚申塚1 庚申塚2
やっぱり庚申塚と三猿は切り離せないみたい。

そして境内に入ると
円泉寺
きれいなお寺。
円泉寺 真言宗豊山派 ご本尊 不動明王

境内には子育て地蔵尊のほかにこんななごみ系の、、、
 え~と、なんて呼んだらいいんでしょう?
なごみ系 なごみ系2

世田谷区太子堂の地名はこちらにある聖徳太子像を祀った太子堂が由来
            太子堂
遅くとも 南北朝時代 末期(~1392)のころには、太子堂ならびに小堂(円泉寺前身・円泉坊)があったと言われる。

「賢恵僧都が大和(奈良県)の久米寺から聖徳太子像と十一面観音像を背負って関東に下り、文禄4年(1595)、当地に一泊したとき、夢の中に聖徳太子が現れて、この地に安住することを告げたので、十一面観音像を安置する本堂と、聖徳太子像を安置する太子堂を建立した。」
という言い伝えがあるとか。
厩戸皇子ならそのくらいは言いそう。

いただいたご朱印です。
円泉寺ご朱印

境内のケヤキ。大きなケヤキって、実物を見てると何故かいい気持ちになるんだけど、私の写真では、、、
けやき

茶沢通りまで出ると、そこにはこんな道標がありました。 太子参道道標

まだ続きます。

↓ちょっと、こんなの参加してます。
  三猿がかわいい庚申塚。
  クリックしてくれたらうれしいです。
     
庚申塚3←にほんブログ村 

スポンサーサイト

テーマ : 神社めぐり
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわです♪

そういえば、
仕事で頻繁に行く大阪八尾で
「聖徳太子古戦場」ってモノモノしい看板の
寺みたいなのがある事に気づきました~
完全にFukuにゃん殿の影響です‥

こんど行ってみよっと♪
聖徳太子って色んなところに
おるんですね~( ̄ο ̄)

No title

Fukuにゃんさん、こんばんは

なごみ系(すいません、ごみ系と読んでしまいました)
左はまあ(苦しいけど)ありかと思うのですが、
右はお地蔵さん?に何をさせたいんだか。

難しいです

こんばんは。
大木の写真撮影で、現場の雰囲気を出すのは難しいですよね。
私もいつも感じてます。

キャラメルマン+ さん

お返事遅くなって申し訳ありません。

なんか、マンガのイメージがあるせいか、あの人ならとっくに死んだあと像になってても、当たり前にいろんなことを言いそうな気がしてしまいます。

影響だなんてそんな、、、。
でも、ちょっとそういう目で見始めると発見がありますよね。

三島の苔丸さん

お返事遅くなってすみません。

ごみ系!?ハマってしまった。

ほんと、よく見るとなんじゃコリャ?ですが、一体々々が小さいので案外違和感なく、こちらとしては「はあぁ~、、、?」って毒気を抜かれた感じになる妙な空間でした。

ghc2号 さん

お返事遅くなりました。

ghc2号 さんの写真はいつも素敵です。

写真って難しい、というのは当然として、人間の目(脳?)って凄いな、とこのごろ思います。
ご訪問の記念に

プロフィール

Fukuにゃん

Author:Fukuにゃん
8インチの折り畳み自転車
 ミニウォーカー
    であちこちお散歩。
神社・仏閣、猫が好き。

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。