スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜はなくても

少し前のことになってしまったけど、ゴールデンウィーク、5月1日、2日で長野県へ行って来ました。
自転車満載
これは高速道路で見かけた車。
自転車が1、2、3、4、5、6、7!
7台も積まれてる。

まず立ち寄ったのは 高遠。

有名な城址公園の桜は、流石に残ってなかったけど、色々な花がきれいでした。
原種の梨  何の花

紅葉 あ、もちろんこれは花じゃない。

高遠の町は小さいけれど、昔からの土蔵が多く残った素敵なところでした。
土蔵鯱鉾
これなんて、鯱鉾が乗ってます。

酒屋   亀まん


その町の中心から近い所にある神社を訪ねて歩いていると
石塔群
庚申塔が並んでる。

そして  甲子塔

甲子塔って初めて見ました。
甲子待とは甲子の日の夜、子(ね)の刻まで起きていて語り合い、大豆・黒豆・二股大根を供え、大黒天を祭る行事。
だそうです。

庚申待ちも、
人間の体内にいるという三尸虫という虫が寝ている間に天帝にその人間の悪事を報告しに行くのを防ぐため、庚申の日に夜通し眠らないで天帝や猿田彦や青面金剛を祀って宴会などをする風習
というから、昔の人は信仰のために夜更かしする日も多かったのか。
皆で集まって、夜更けまで楽しく過ごす言い訳になっていたのかも?



そして、着いたのは 鉾持神社(ほこじじんじゃ)
養老五年(721)に伊那郡を治めていた諏訪の国守が伊豆・箱根・三嶋の三社を勧請し、文治元年(1185)現在地に遷座。その際、土の中から鉾(ほこ)が出てきたことから、鉾持という名が付いたという。
鉾持神社1 鉾持神社2
石段を上って鳥居をくぐり

まだまだ上ります。 鉾持神社3

上って行くうちに、どんどん日常の空間から離れていく感じ。

約300段を上って
鉾持神社4

辿り着いたのは 朱塗りの塀に囲まれた拝殿。

鉾持神社5

風の音、葉擦れの音しか聞こえないこの空間には、他所とは違う空気が流れている気がしました。


余談です。
後から知ったんですが、この場所は2008年公開の映画「ひぐらしのなく頃に」のロケ地で、
「綿流し祭」がおこなわれる「古手神社」となっていたそうです。
(私はマンガも映画も見てないんで、こう書きながらナンノコッチャ?なんですが)

高遠を離れて、次に向かったのは、、、

    続きます。

↓高遠城址公園にあった灯籠です。
  クリックしてくれたらうれしいです。
     
灯籠2←にほんブログ村 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

言い訳

>皆で集まって、夜更けまで楽しく過ごす言い訳になっていたのかも?
言い訳いえる社会はまともじゃないかな~
それが、生活に根付いていればなおさら気楽にできそうですね
ウワンも言い訳しつつ、毎週夜遅くまで走っています。

Re: 言い訳

MuAuan さん

そうですよね。

私もいつも言い訳ばかりだけど、大人ってそういうもんさ!と言ってしまおう。

> >皆で集まって、夜更けまで楽しく過ごす言い訳になっていたのかも?
> 言い訳いえる社会はまともじゃないかな~
> それが、生活に根付いていればなおさら気楽にできそうですね
> ウワンも言い訳しつつ、毎週夜遅くまで走っています。
ご訪問の記念に

プロフィール

Fukuにゃん

Author:Fukuにゃん
8インチの折り畳み自転車
 ミニウォーカー
    であちこちお散歩。
神社・仏閣、猫が好き。

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。