スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさるくん

え、と、、、

ゴールデンウィークの話は 今更 急がなくてもいいか。
ってことで、今日のお話です。

またまた新宿方面に用があって、昼間に半端な暇ができるので、今日もミニウォーカーを連れて行きました。

今日は新宿通りから四谷へ向かい、外濠通りに入って赤坂へ。

今日 まず訪ねたのは
山王鳥居
日枝神社です。
この鳥居の形、他ではなかなか見ないもの。山王鳥居というそうです。

日枝神社の日枝と比叡山の比叡は当てる漢字が違うだけで元々同じ。
もともと近江国日枝山(ひえのやま:後に比叡山の字が充てられた)の神である「大山咋神」(おおやまくいのかみ)を祀っています。

境内末社 山王稲荷神社へ続く階段  お稲荷さん鳥居



こちらは神門
神門

この門の中には
神猿妻  神猿夫
夫婦のお猿さん(+子猿)がいます。

絵馬3  
絵馬1  絵馬4  絵馬2
絵馬にも お猿さんがたくさん(写真はすべて クリックで拡大します)

ここにも!
石猿妻  石猿夫
夫の猿のバックにある(分割可)の文字が気になってしまいますね(笑)
全然意識しないで撮ったので、何が(分割可)なのかは 聞かないでください


日枝神社の神使いは 猿 なんです。

こちらのご祭神 大山咋神は言ってみれば山の神様だから、山に住む猿がお使いになったのかな?

魔が去る→「まさる」 (ダジャレ?)、、、
ということで 縁起がいいらしい。

猿だけじゃなくて 鶏もいます。 鶏

これは 天然記念物になっている「小国」という鶏。
私の写真では伝わりにくいですが、伊藤若冲の絵に描かれているような美しい鶏でした。

↓ちょっと、こんなの参加してます。
  クリックしてくれたらうれしいです。
     
愛車2←にほんブログ村 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

毎年、メトロに乗って行くのに、「まさるくん」って名前、知らなかったですwww

てくてけ さん

わたしも知らなかったんですが、社務所にはかわいいお猿の土鈴を「まさるの守土鈴」として売っていて、日枝神社のHPにも
猿は古くから魔が去る「まさる」と呼ばれ、、、云々 
とか 書いてあるんですよ。

> 毎年、メトロに乗って行くのに、「まさるくん」って名前、知らなかったですwww
ご訪問の記念に

プロフィール

Fukuにゃん

Author:Fukuにゃん
8インチの折り畳み自転車
 ミニウォーカー
    であちこちお散歩。
神社・仏閣、猫が好き。

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。