スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神々の国へ5 日御碕神社 日沈の宮(ひしずみのみや)

さてさて 神々の国 出雲旅行の続きです。

出雲大社のお話から
『Fukuにゃんの 歴史の闇を探る!』
な~んて記事が書けたらカッコいいな!とは思うんですが、勉強不足&力不足で それはパスしちゃいます。

日御碕神社鳥居
日御碕神社です。

           日御碕ご由緒 (写真はすべてクリックで拡大します)

この御由緒によれば
下の本社(日沈の宮)【主祭神】天照大御神
村上天皇天歴二年勅命により現在の地に移し祀る(一千年以前)

上の本社(神の宮)神素戔嗚尊
安寧天皇十三年勅命により現在地に移し祀る(二千五百年以前)
古来両本社を総称して日御碕大神宮と称す


日御碕阿 日御碕神社吽

こちらは天照大神を祀った日沈みの宮 平成18年に改修されたもの。
まだ新しい朱塗りが景色によく映えます。
日沈宮(下の宮)


こちらが素盞嗚尊(すさのおのみこと)を祀った神の宮
                     神の宮

神社を出て港に行くと、目の前に見えるのは経島(ふみしま)。ウミネコの繁殖地としても有名らしい。
経島
アレッ? 島の天辺に何か見える。
           ア~~ップ  経島祠アップ

後から調べてみると、この経島こそ、もともと日御碕神社の天照大神を祀る日沈宮(下の宮)が建てられた場所だったとか。
今も神域であり、一般の人は入島が禁じられているそうです。

この島は天照大神が降臨したと伝えられ、また、出雲大社からの夏至日没方位にあたり、この地が出雲大社より先に聖地としてあって、出雲大社の位置はここから決められたのではないかという説もあるようです。
スポンサーサイト

テーマ : 神社めぐり
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~。

経島に、ずっきゅんきました♪
ココ、いつか行ってみたいです。
神々しくて、この目で見たら感動しそうです。

『Fukuにゃんの 歴史の闇を探る!』…
いつか、本が出たらステキですね~ヽ(*・∀・)ノ

Fukuにゃんさんのブログ、リンクしたいんですが、
いいでしょうか??(゚∀゚;*)ドキドキ
ご訪問の記念に

プロフィール

Fukuにゃん

Author:Fukuにゃん
8インチの折り畳み自転車
 ミニウォーカー
    であちこちお散歩。
神社・仏閣、猫が好き。

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。