スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都一泊旅行2 三十三間堂~六道の辻

10月の京都旅行は続きます。

東寺の次は、京都駅をはさんでほぼ対角にある 三十三間堂

宗派 天台宗
本尊 千手観音
創建年 長寛2年(1165年)
開基 後白河上皇
正式名 妙法院の一部。建物の正式名称は蓮華王院本堂



三十三間堂1       三十三間堂3

こちらの千体千手観音立像は有名だし、仏像の写真が載った本や雑誌に出ていないことはほぼない と言えるくらいだけど、実際に目の前にすると圧倒されるものがあります。
千体というけれど、本尊の背後にも1体あって、合計1001体です。もっとも、修復中のお像も何体かあって、私が行ったときは千にやや足りないくらいでした。

パッと見 全部同じように見えたけれど、よく見るとそれぞれお顔が違っています。
自分に似た顔を探そうと思っていたはずが、ひたすらに見入ってしまって忘れちゃいました。

こちらは千体千手観音立像のほかに、通し矢でも有名です。
江戸時代には各藩の弓術家により本堂西軒下(長さ約121m)で矢を射る「通し矢」の舞台となった。 (wikipediaより)
ということで、今も矢の跡が残っています。

その伝統に因み、現在は1月中旬に【大的大会 おおまとたいかい】の名で、本堂西側の射程60mの特設射場で矢を射る「三十三間堂大的全国大会」が行われ、全国から二千人が参加するそうです。



さてさて、お次は松原通へ進みます。

六道の辻
六道の辻の石碑。

《六道》は地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上の六つの世界、その辻ということは、この世とあの世の境目で、あの世のどこへ行くかの分かれ道、ということでしょうか。
妖しい匂いがしてうれしくなっちゃいます。

この石碑が立っているのは  小野篁 旧跡   六道珍皇寺1
安部清明と並んで、妖しいお噂がたっぷりの小野篁 所縁のお寺、六道珍皇寺の前。(写真はすべてクリックで拡大します)

宗派 臨済宗建仁寺派
本尊 薬師如来
創建年 伝・承和年間(834年~848年)
開基 伝・山代淡海
中興年 室町時代

六道珍皇寺2

     六道珍皇寺4
しばらく前に清明のブームがありましたが、次には小野篁のブームが来るんじゃないか?なんて思ったりします。
なんせ、『閻魔王宮の臣』ですよ!

小野篁は、小野妹子の子孫で、小野小町のおじいちゃん。

昼は宮廷に仕え、夜になると閻魔大王の元に出仕して、 この世とあの世の二重契約をやっていたと言われている人物です。


彼がこの世とあの世の行き来に使った言われる井戸は、近くに寄れないけど、離れて覗くことができます。
六道珍皇寺5

よくわかんない。

ちょっとだけ、ア~ップ
            六道珍皇寺6

やっぱり よくわからなかったけど、余計にミステリアス。。。と言えるかも知れません。


↓ちょっと、こんなの参加してます。
  もし よろしかったらポチっとクリックして下さるとうれしいです。
     
愛車2←にほんブログ村 


  
<
スポンサーサイト

テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
ご訪問の記念に

プロフィール

Fukuにゃん

Author:Fukuにゃん
8インチの折り畳み自転車
 ミニウォーカー
    であちこちお散歩。
神社・仏閣、猫が好き。

最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。