スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラ、見てたのね

昨日の続き

圓乗寺を出てすぐに目についたのは「白山神社」の表示。

予定外だったけど、ちょっと寄ってみるか。
白山神社

東京十社のひとつに数えられる神社です。
ご祭神は、菊理姫命、伊弉諾命、伊弉冉命

このあたりの地名、白山はここが由来。

ここでは 猫2 この子をはじめ、たくさんのニャンコに会いました。

また、すぐ近くにお寺、ここは「潮泉寺」
                   お寺1

次に気になったのは
さいかちの辻 見えますか?「さいかちの辻」の文字

ここは「天栄寺」の前。
近郊の農民が野菜を担いで江戸に出る途中、この境内にある「皁莢(さいかち)」の木の下でいつも休んでいたので、近所の人が新鮮な野菜を求めて集まったのが元で、野菜市場(土物店)が始まったとか。

これは四代目「皁莢(さいかち)の木」 さいかち

このあたり、お寺が多いが、中でも今日のお目当てのひとつは ここ
南谷寺
はい、江戸五色不動の一つ「目赤不動」です。

クリックすると拡大します↓
          目赤不動説明

ナニナニ?名前の由来は三重県にある「赤目山」?
家光が「赤目不動」を「目赤不動」に?
もしかしたら、五色不動のお名前を揃えるために?

ますます、他の白、青、黄のお不動様に行ってみたくなった。それぞれどんな由来があるのか。

南谷寺2

どこかの修理をする方か、植木屋さんかと思われる職人さんたちが本堂の脇で休憩中。
と思っていたら、ご朱印帳をリュックから取りだした私を見て、中の一人が立ち上がってこちらへ。
職人さんにすっかり溶け込んでいたその方は、どうやらご住職。

フラッシュを焚かずに本堂内を撮影できないかと何度か試していた私に気付いていたかな?
(三脚なしのコンパクトデジカメでは全然まともに写らなかったけど)
撮影禁止って書いてないし、大丈夫だよね?
と、ちょっとドキドキ。

でも、優しそうな方でした。

もうちょっと 続きます。

↓ちょっと、こんなの参加してます。
 この季節、葉っぱもないけど、気は心、クリックして、木の下でちょっと休んでください。 
     
さいかち2←にほんブログ村 

スポンサーサイト

テーマ : 神社めぐり
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Fukuにゃんさん、こんばんは

菊理姫は宗像教授で怖い話を読んでから、
印象が何か怖いイメージで定着しちゃってます..

目赤不動の案内で伊賀国が修正されてるんだけど、
何て書いてあったのかが気になります。

う~ん今回はどうしょうもないコメントになりました。

苔丸さん

菊理姫って、黄泉比良坂にいたんですものね。
宗像教授のその話は読んでませんが、怖いイメージってなんとなくわかるような気がします。(やっぱり宗像教授 揃えようかな?)
ご訪問の記念に

プロフィール

Fukuにゃん

Author:Fukuにゃん
8インチの折り畳み自転車
 ミニウォーカー
    であちこちお散歩。
神社・仏閣、猫が好き。

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。