スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッツアイ?

この数日は、何だか余裕がなくてブログをアップできないだけでなく、毎日のお楽しみだった皆さんのブログに遊びに行くこともできずにいました。(泣)

さてさて

先週の月曜は平日だというのに、たまたま午後から半端な暇ができたので、
自転車屋まで、ミニウォーカーで出かけることに。
 (あ!こんな態度だから余裕がなくなるんじゃ・・・)

一番のお目当ては勿論 自転車屋。でも、勿論、途中に別の目的地もある。

荒川CR2
荒川CRを横目に見て蔵前通りから外れ、住宅地の中で迷っていると、
イマドキちょっと希少かも知れない、昔ながらの銭湯。
          銭湯 ゆず湯とか書いてあるし。

なおもしばらく住宅地の中の細い道を迷った末に、お寺が並ぶ一画に辿り着きました。

まずは善通寺、
善通寺 善通寺 説明
大正モダンな感じ?

その隣りは 大法寺
大法寺 大法寺説明

それから 成就寺
成就寺説明
すみません。ここは写真なし。お目当てがこの隣だったので気持ちがそっちに行っちゃって。

説明を読むとみんな大正から昭和の初めにこの土地に移ってきたお寺ばかり。
荒川放水路は1913年(大正2年)から1930年(昭和5年)にかけて掘削されたとのことなので、その頃みんな移転してきたってことみたい。

それはさておき

その隣り、お目当てのお寺って、、、
最勝寺

最勝寺

江戸五色不動のひとつ、目黄不動で知られている。

境内に入ると、やたらと人懐っこいこの子が熱烈歓迎
               猫1

最勝寺2
不動堂の前には沢山の水盥?

よく見るとそれぞれに名札が立ててある。
こちらでは色々な品種の蓮の花を育てているらしい。

ご朱印をお願いすると、本堂に上がって間近にお不動様を拝んでもいいと言われ、喜んで上がらせていただく。
(すみません。写真はなし)

天平年間に作られたという像は力強く、確かにその目は黄色い。

とは言え、「五色不動」というのは史実ではなく伝説とか噂の類だという話も。
江戸時代に資料には目黒不動・目白不動・目赤不動を「三不動」として江戸名所と紹介されているが、五色不動という言葉が資料に現れるのは明治以降らしい。

また、目黄不動には永久寺(東京都台東区三ノ輪)龍岩寺(渋谷区 旧原宿78番地)も名乗りを上げている。

すると、、、由緒のあるお不動様で目が黄色いから目黄不動に???

五色不動の話はさておいても、立派なお不動様でした。


次に寄ったのは、、、

すみません。続きます。

↓ちょっと、こんなの参加してます。
 クリックして、まずは銭湯でのんびりしてください。 
     
銭湯2←にほんブログ村 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Fukuにゃんさん
こんばんは

ど素人の素朴な疑問ですが、
ご朱印を集めているようなんですが、
なにか御利益等があるのでしょうか。
とんと疎いもので・・・

No title

なん太郎さん、こんばんは

ご朱印、ホントはお寺なら写経をしてそれを納めていただくものだったそうです。
ご朱印をいただくことで神仏と縁をつなぐということなんだと思うんですが、私の場合、はっきり言って参拝記念の感じが強いですね。(敬虔な信者の方には申し訳ない)
友人は「神様/仏さまのサイン帳」と呼んでます。
大人のスタンプラリーと言ったら怒られちゃうかな?

No title

Fukuにゃんさん、こんばんは。

普通寺は誰が見てもですが、不動堂の2階建ての
形って何気に、っん?なんですが

けっこうあるタイプなんですかね?

苔丸さん

2階建て、、、そうですね。全然気にせずに見過ごしてました。
ちょっと調べてみます。何かわかったらご報告しますね。
ご訪問の記念に

プロフィール

Fukuにゃん

Author:Fukuにゃん
8インチの折り畳み自転車
 ミニウォーカー
    であちこちお散歩。
神社・仏閣、猫が好き。

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。